No.158 季節です 何の?

5月上旬にやって来る自動車税の季節
以前の愛車は登録から13年前に乗り換えた。

どんなに大切にメンテナンスをして距離を走らなくても、現実的には初度登録から13年が過ぎたクルマの自動車税は重課となる。

理由は、「古いクルマは環境的に悪である」

近年の新車の環境性能はいずれも高くなっており、13年くらいで環境性能に差が出ることは少ないのでは

走行距離により排ガス機能が低下することはあるだろが、古くなっても走行距離の少ないクルマもある。

たしかにエコカーのように燃費はよくないかもしれないが、逆をいえば資源を大切に使い続けているともいえる。

同じエンジンを持つクルマの活用でどちらが環境に悪いだろうか?

●地方都市で交通の手段がなく古いクルマを大切に13年間以上買い物、通院等の用事に使い、わずかな距離しかクルマに乗らない車

●新しいクルマを短期間で買い替え、長距離ドライブに出かける車

なんだか納得がいかない

こんな罰金的な重課税が気にいらないが、今やSDGsを考えて皆が行動しなければならない。

ガソリン・エンジンのクルマは、やがて消え去ることはほぼ確実。

個人も税制も、あらゆる行動においてSDGsを心得て行動していかなければいけない世の中になって来た。

有限会社フレックス 関根郁子