No.174 違法投棄

同法第25条では、個人の不法投棄に対して5年以下の懲役もしくは 1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられること、同法第32条では法人の不法投棄に対して3億円以下の罰金刑が科せられることが規定されており、不法投棄の行為者には厳しい罰則が科せられる事に成ったそうです。

* 不法焼却(平成18年)
都内建設会社が甲州市の資材置場で建設廃材(約10m3)を野外焼却した事件
(同社代表者逮捕)懲役1年(執行猶予3年)罰金40万円

* 産業廃棄物不法投棄(平成18年)
大月市の有限会社(解体業)代表者が解体による産業廃棄物(約11m3)を自宅敷地及び農地に不法投棄した事件
懲役2年(執行猶予3年);罰金法人300万円 ;個人100万円

先日アイダ設計の業者会議での中で、産廃の話が出ました。
社長の友達から土地を買うよう頼まれたので、建売用に整地した所、産廃がゴロゴロ出てきたそうです。
その話が福島の町中に広がり幸な事に、地元の方の協力もあり、処理費が半分で済んだそうです。

では何故不法投棄和するのか、ごみを処分するには国や自治体のルールに沿って、適正に理しなければなりません。
しかし、分別が難しい、分けるのが面倒、処理費用がばからしいといった理由で不法投棄をするケースが挙げられます。

ポイ捨ては罰金10万円?!悪質な場合は懲役刑も…

不法投棄の現状も申事ながら、私たちにできる事、頑張らなくちゃ!

株式会社ライフサポート神奈川
後藤 敬三

No.173 最近の気候変化

ここ最近、連日の猛暑や局地的な豪雨で現場作業の方は大変な環境の中ご苦労様です。
気温も35度を超える猛暑日が続きますので熱中症対策もおこたれないですね。

年々暑くなる原因として「地球温暖化によるもの」とよく言われますが、一方で猛暑のもう一つの原因として自然変動の影響という見方もあるそうです。

過去の例で2018年7月、日本に記録的高温をもたらした要因として、

  1. 太平洋高気圧の日本付近への張り出し
  2. 上空層チベット高気圧の日本付近への張り出し
  3. 亜熱帯ジェット気流の大きな蛇行
  4. 積雲対流活動が平年より活発 etc..

「日本と欧州では2018年は例年より暑く、北米やカザフスタンなどは寒かった」
このように日本が暑かったといっても、地球全体が暑かった訳では無い。
大規模な大気の流れや変化によって地域により「異常な暑さ」「異常な寒さ」もあるそうです。

このような自然変動に対して人が何かできるかというと難しいかもしれません。
しかし地球温暖化に対しては少しでも食い止める為に、ゴミ減量や節電節水など、CO2削減につながることを、未来の大人(今の子供たち)の為にも一人一人が行っていくべきと思います。

有限会社 ナガタ 清野 友之

No.172 銃撃事件

7月8日、日本を震撼させる事件が起きてしまいました。

安倍元総理(第90代・第96~98代)が自民党候補の応援演説中にハンドガンで撃たれました。

ドクターヘリで搬送されるも、午後5時すぎ息を引き取りました。

SP十数人で警備にあたっていましたが、その隙をついて背後から銃撃されました。

安倍元総理に関する出来事で印象に残っている出来事(安倍政権7年8か月)

  • アベノミクス
  • 森友・加計問題
  • 桜を見る会問題
  • 日米関係
  • 新型コロナウイルス(緊急事態宣言)
  • 政権奪還(3年3か月ぶり)
  • 消費税5%から8%へ
  • 消費税10%へ(軽減税率を導入)
  • 安全保障関連法の成立
  • 集団的自衛権の行使容認

安倍政権7年と8か月、もっと色々なことがあると思いますがこの位にしてください💦

銃社会ではない日本でもこのような悲しい出来事が起こってしまいました。

戦争・コロナウィルス、一日でも早く収まって欲しいです。

株式会社 成有
代表取締役社長 成田 康朗

No.171 樹が地球温暖化を促進?

事務所の桜が悩みの種です。

『サクラは庭には植えるな』
裏庭ならと植えたときは小さく数年でこのような野性的な成長をするとは考えてもみませんでした。

最近コントロール鉢(植木屋さんが開発)という側面と底面に複数の穴を開けた鉢に樹体を入れ、土中に埋め込んで根の伸長を一定の範囲に制限することが出来る地中ポットで木が大きく育たないので花が早くから沢山咲きやすくなり、果実がなるのも早く糖度も高いそうです。

植木が大きくなりすぎると家や庭の日当たりが悪くなり、成長しすぎると木の陰になっている他の植物が育たなくなり、庭木が隣の住人の敷地内に入ってしまうと近隣トラブルの原因になってしまうケースもあり、根が張るのを防ぎたい、木を大きくしたくない場合は、コントロール鉢に植えたまま地植えするのも良いですね。

小さい庭に色々な樹木を希望の大きさで育てられ、お客さんが喜ぶように苗木を育てる、植木さんの知恵です。

また若い木は光合成により二酸化炭素を吸収しますが、大きくなりすぎた木は二酸化炭素の吸収よりも排出のほうが多くなるそうです。

自宅の庭木が地球温暖化を促進していると思うと、複雑ですね

有限会社 フレックス 関根郁子

No.170 プラスチック資源循環促進法

2022年4月1日より施行された
[プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律]
略称が【プラスチック資源循環促進法】です。

上記の話をニュースで観た時は、
正直に申しますと『またプラスチック関連かー』っと思いました。

ですが、またかと感じるほどに世の中ではプラスチックを何としてでも減らし、もしくは循環させる様に努めているのだとも感じました。

私に何ができるか。

  • ワンウェイのプラスチック製品(ストロー、スプーン、フォーク等)を使用しない。
  • 再利用されるであろう事を念頭にプラスチックをしっかり分別してからの廃棄。
  • 意識してリサイクルマークのついた製品、バイオマスプラスチックの製品を利用。

挙げればまだまだ出てきそうですが、発想力の乏しい私はこれが限界のようです。

これからも『何ができるか』を日ごろから考えて小さなことながらも一つ一つ実行していこうと思います。

有限会社 五十嵐建設工業 五十嵐真由美

No.169 最近、思った事。

労働安全衛生法の改正により、
2022年1月からフルハーネス安全帯の着用が義務化されましたが、皆様、運用状況はいかがでしょうか?

今までより動きにくく作業のジャマという方、
予約はしたが未だ手元に無いよという方、
私の周りでも完全に普及したとは言い難い状況に見受けられます。

感情としては「ジャマだし、こんなもの着けた方が危険が増すのでは?」と思ってしまうのですが
着用の為の特別教育講習を受け、法令的な意味、安全な作業をする為にはという講習内容にただ文句を言うだけでなく、
するべきことをキチンと理解した上で、
工務店・ビルダー方々の言うことに対応しなくてはと思い直す機会も先日ありました。

正しい知識を身に着けて言われるだけでなく、
言うだけでもない関係を築けてこそ
より良い現場を作ることが出来るのではないでしょうか?

監督レベルでたまにある「足場組む予算ないからハシゴで出来ない?」は無しだよなー 

と思う今日この頃です。

有限会社 サトウルーフ建工 中島秀幸

No.168 ロシアのウクライナ侵攻

2022年2月24日、ロシアのプーチン大統領が、ドンパス(ウクライナ領内)での特殊軍事作戦を実施することをロシアの国営テレビでロシア国民とウクライナ軍人に向けて発表しました。

その後ロシア軍がウクライナの軍事施設にミサイルと空爆による攻撃を行い始まったのが今侵攻中のロシアのウクライナ侵攻です。

ロシアのプーチン大統領の言い分は第二次世界大戦までさかのぼって考えなければ解らないようですが思いっきりザックリと言うと

NATO(北大西洋条約機構)と旧ソビエト連邦(ワルシャワ条約機構)との対立が、ソビエト連邦崩壊で終わったと思われていたのに終わっていないどころかNATOの力の増大で再びロシアを攻めて来るのか心配で不安でしかたない。そのうえ経済的にもNATO側ばかりが潤ってやりたい放題でズルい。だからシリア、リビア、イラクなどのNATO中心の西側諸国に不満を持つ国がテロなど過激な行動を起こす原因になっている。

そこでドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の要請によりウクライナの非軍事化と非ナチ化を目的に特殊軍事作戦を行うけどウクライナの占領が目的ではない。的な感じです。

では具体的、客観的にロシアとウクライナを日本とも合わせて比較してみます。

【人口】

ロシア 1億4593万人
ウクライナ 4413万人
日本 1億2647万人

【国土面積】

ロシア 17,130,000km2
ウクライナ 603,500km2
日本 378,000km2

【軍人数】

ロシア 900,000人
ウクライナ 200,000人
日本 250,000人

【軍事費】

ロシア 1兆4785億7100万ドル
ウクライナ 59億ドル
日本 491億ドル

【グローバル・ファイアー・パワーによる軍事力ランク】

ロシア 2位
ウクライナ 22位
日本 5位

経済やテクノロジーの変化により戦争の形もやはり変わっていくようです。

何よりSNSで情報が瞬時に共有出来ることで戦況が有利になったり、間違った情報で戦況を混乱させたりとIT専門の軍隊もあるようです。

ただそれでも戦いによって多くの人が傷ついていることは忘れてはいけないと思います。

日々変わる戦況であり、伝えられる情報の断片からウクライナの様子を想像してみます。

1991年、ソ連邦の崩壊により独立したウクライナはチェルノブイリで有名ですが、現在稼働中のザポロジェ原子力発電所は6000MWで発電量世界第3位です。(日本の柏崎刈羽原発は8212MW 世界1位)ロシア軍の攻撃もあったようです。とんでもないことです。

一大小麦産地で欧州のパンかごと言われているようで戦争の影響が心配されます。

ロシア軍は学校や病院、避難する市民まで標的にしているようです。(スマホをほぼ皆が持っているから映像で言い訳出来ないですね)

ゼレンスキー大統領は首都キエフに残り、国民と共に国を守ると奮闘しています。

歴史を見れば大国から攻められた小国の首長は友好国に避難して暫定政府を立ち上げて、安全なところから指揮するのが常套手段ですが、このゼレンスキー大統領の姿勢がウクライナ国民の士気を高めています。

それでも女性や子供をキエフから遠ざけてロシア軍に立ち向かう市民は勇敢で尊敬します。

占領下の辛さを知っている日本人は多くの人が理由はともあれウクライナの味方をしたくなるのではないでしょうか。

ロシアはどうでしょうか
経済制裁により自国通貨のルーブルの価値は下がり、西側からの輸入が困難になり、ロシアで経済活動をしていた企業が経済活動を停止。

ロシア軍に食事、弾薬などが必要ですから市民に物資がいきわたらなくなり、国民の生活がどんどん苦しくなってしまいそうです。

マックもコーラも撤退です。SONYもNIKEも撤退、ビザもマスターも撤退、有名大手企業300社程度が撤退、二度とロシア相手の経済活動は出来ないでしょう。企業イメージが崩壊しますから。

でも大丈夫。プーチン大統領のような独裁者は自分はちょっと辛いぐらいで何とかなるから国民のことなんて考えないですから

我が国日本はこのロシアのウクライナ侵攻をどう考え学ぶべきでしょうか

テレビでコメンテーターの降伏しろとか逃げろとか言うのを聞いていると、この人はきっと家族や友人捨てて真っ先に逃げるんだろうなと思い悲しくなります。

ウクライナ4400万人、何処へ逃げるの、どうやって逃げるの、その後どうするの?

降伏しろって幸い日本はアメリカに負けて占領下にあるけど国語はそのままだし、ジュネーブ条約によりそこそこの人権が認められたけど、何故南米がポルトガル語なのか、何故多くの東南アジアが英語なのか考えてほしい。

まさかロシアのような大国が戦争を始めるなんてと思うでしょう。
日本も北方領土占領されたままです。
ロシアに常識が有るのならとっくに返してくれているはず。国際条約違反ですから

それどころか防衛庁のホームページを見ると2021年にロシアは199回の領空侵犯、中国は571回の領空侵犯です。
ウクライナ侵攻と同時にロシアは領海侵犯ギリギリを繰り返しています。

ウクライナ侵攻の為に手薄になる北方領土を日本が狙うに違いないと考えています。自分ならそうするとプーチンは考えるからです。

岸防衛大臣が国際社会に向けてロシアのそうした挑発行為のあることをしっかりアピールしている姿勢は頼もしく思います。

ロシア、中国、北朝鮮、独裁政治をしている国が近くにある日本はこのロシアのような大国に常識が有り、国際ルールを守るという幻想を捨てて、ウクライナの様に自国を守るとはどういうことなのか、しっかりと考え議論することが大切なのではないかと思います。

株式会社メタックス 田淵杉穂

No.167 バイオマス発電 地産地消

使い道のない木材を燃料に!!
町ごと脱炭素、植樹を促しているのが岡山県の真庭市です。
市の総面積のうち8割が林野でヒノキの産地として有名です。

かっては森林のゴミだったうず高く積み上げられた木材、1億円かけてゴミとして処分していた端材。
いまや電力をまかなう木質バイオマス発電の燃料に変貌を遂げました。   

バイオマス発電のきっかけはバブル崩壊後1993年
当時は木材価格の下落が続いていました。

そんな中、地域の財産を最大限生かす町おこしが出来ないかと構想を練った所、地元の集成材メーカーが自社で出力2000キロワットのバイオマス発電を建設し、集成材生産で出る木くずを燃料に工場内の電力を賄っていた。

その経験をもとに運営方法をを確立し、木質バイオマス発電所の稼働を始めた。
その結果、市のエネルギー自給率は12%から32%に大幅に上昇し、CO2排出量も発電所だけで、スギ≒383万本が1年間に吸収する量に相当する年間5万4000トン削減出来た。

バイオマス発電の燃料となる木材は、建築用材としての需要が無い為に間伐時に山や林に放置された未利用材や、産業廃棄物として処理去れていた製材端材で燃やしやすいように木材をチップ化し、集めたチップは年間11万トンに上る。

山もきれいになり地元にも経済効果をもたらした。
バイオマス発電の年間売上高は23億円
うち、≒14億円は燃料購入費として生産業者などに還元する。

その8割は市内の業者の利益となり地元への利益還元に繋がる。
燃料として使うスギやヒノキなどの針葉樹は、伐採すれば切株から芽が出ない。

山林所有者へ木材の搬送代として1トン当たり550円支払うことで新たな植樹を促す。
又、間伐時に出た未使用の木材は放置され土砂災害の原因にもなる。

搬出費や処分費がかかるだけだった木材を燃料代として買い取る仕組みをつくることで、地球にやさしい地産地消に繋がる結果になりました。

昨年はウッドショックで木材価格が2倍3倍になり、【現状高値安定】が続いています。
現在は針葉樹合板が木材の引き合いで合板ショックとなりました。

私たちが、サイディング工事を施工している木造住宅に様々な影響が出ていますが、サイデイングの施工価格、受注金額は一向に改善されません。
がんばりましょう!!

株式会社木陽 佐藤 豊

No.166 カーボンニュートラル

皆様 明けましておめでとうございます。
私は理事長を仰せつかっております、ヤマテック株式会社 代表取締役社長である山下隆盛と申します。

ご存知だと思いますが、最近「カーボンニュートラル」と脱炭素という言葉 ことあるごとに新聞やニュースをにぎわせておりますが、その意味はご存知でしょうか?

この意味を少し解説をしますと、
カーボンニュートラルを直訳すると、炭素の意味である「カーボン」を「ニュートラル(中立)」の状態にするという意味になります。

つまりカーボンニュートラルは、「温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」ことを意味します。

温室効果ガスの排出を完全にゼロにすることは現実的に難しいため、排出量から吸収または除去した量を差し引いて、全体としてプラスマイナスでゼロにするという考え方です。
「ネットゼロ」も、カーボンニュートラルとほぼ同じ意味の言葉として使われています。
平たく言うと、二酸化炭素の排出量を森林などの吸収する量をゼロにすること。
図でいうとこんな感じになります。


(出典https://ondankataisaku.env.go.jp/carbon_neutral/about/

そして、私は我々サイディング業界にもこの流れが押し寄せてくるのでしょう。

例えば、サイディングの製造工程を変えていくことも必要であろうし、また、製造するときに使うエネルギー源が今と違う燃料をつかうなどが変っていくのでしょう。
このエネルギー源を「石油」からのエネルギーを変えていこうがカーボンニュートラルの本質かもしれません。

この再生エネルギーに目をむけると、我々住宅業界では、太陽光パネルがこのカーボンニュートラルの実践版ともいえます。
仮に住宅の屋根にすべてに、太陽光パネルが載っていくとどれだけエネルギーが変っていくのでしょう。
勿論今の電力会社は電気を作って売っているのですからすぐには変えられないでしょう。

このように、今の世界をどのように次の時代、世界に継いでいくことをしないといけないので難しいともいえます。

新しいことは我々は受け入れるのに少し抵抗もあります。
しかし、越えて行かないと上手くはいかないので、我々の団体も貢献することを考えていきたいと思っております。

外壁エコロジーシステム 理事長 山下隆盛

No.165 破壊者側の事情

我らが『外装エコロジーシステム』は2006年7月に設立された、窯業系サイディング業界で唯一のリサイクル推進団体である。

現在多くの方々が意識する事となったSDGS推進の先駆けとも言えるであろう。

いつの間にか私も年を重ね、これからの若い世代のために現在の環境を改善しなければならないという使命を抱くようになった。

そこで直面したのが現在の目を覆う様な惨状だ。

そう、日本においては高度経済成長に起因する多くの環境破壊活動。
廃炉方法や廃棄物の処分手段もないまま造られた原子力発電所。
後先考えずに行った植林。
廃棄物の海洋投棄。
しかも我々経営者は未だにバブル経済のツケを払い続けている状態だ。

父親世代を恨んだこともあったが、考えてみれば当時の彼らが見ていたのは『焼け野原』であったことに気づく。

多くの問題を残したとはいえ、現在の日本の豊かさを創ってくれたのは私たちの親世代である。

これには感謝するほかない。

その『破壊者側の事情』を考えてみる。
そうすると自ずから歩むべき道が見えてくるのではなかろうか。
 
我々の世代が歩むべき道。
今ある様々な壁をぶち壊す良心的『破壊者』となること。

SDGSを通し、この令和の時代に伝説となる多くの『破壊者』が登場する事を祈り、私もそうありたいと思う。

ガイズカンパニー株式会社 仲本 純

Copyright © NPO法人 外装エコロジーシステム. All Rights Reserved.