No.192 EV政策物語

第26回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP26)にて議長国のイギリスがガソリン車の新車販売を2040年までに終わらせると宣言し、走行中にCO₂を排出しないEV車に転換するとして始めたEV政策ですが、欧州連合(EU)は2024年3月25日の欧州委員会とドイツの協議で「2035年にガソリンなどで走るエンジン車の販売をすべて禁止する」として来た方針変更して 環境に良い燃料を使うエンジン車の販売を継続し認めると表明しました。

王子
「パパッ」
王様
「パパと呼ぶのじゃないと いつも言っておるだろ。で、なんじゃ息子よ」
王子
「最近国中を豊国屋の馬車ばかりが使われているので、何とかして欲しいとセデス屋とワゲン屋が相談に来ています」
王様
「そんなことあるまい。セデス屋の馬車は高くて豪華で人気だとみんな言っておるぞ」
王子
「そんなこと言っているからパパは国民からの支持率が下がっているんだよ。パパの友達はお金持ちばかりだけど 多くの国民は高い馬車はいらないんだよ。そこそこの値段で長く使える豊国屋の馬車が人気なんだよ」
王様
「うむ。なるほど。よし、セデス屋とワゲン屋をここへ呼べ。話を聞こう。」
セデス屋
「王様に申し上げます。このままでは我が国の馬車は豊国屋の馬車ばかりになって長年続いてきたセデス家も終わりです。何か良い方法はないものでしょうか。」
王様
「王子から聞いているがセデス屋、どうだろう。もう少し安い馬車を作ればよいのではないか」
セデス屋
「王様、お言葉ではありますがセデス屋、長年の歴史の中で大衆の喜ぶような馬車を作るなんてとんでもありません」
王様
「ふむ。そういうことを言っているから売れれないのだと思うのだが、わしも豪華なセデス屋の馬車が一番じゃと思っているからしかたない。ワゲン屋、何か良い案はないか」
ワゲン屋
「それがわからないから王様の知恵をお借りに来ているのです」
王様
「頼りないヤツばかりだな。誰か良い案を持っているものはおらぬのか」

民1
「おっとあぶねー。あぶなく馬の う〇こ 踏むところだぜ」
民2
「セデス屋の馬車だろ。ムダにでかくて豪華な馬車だから 馬もでかくて う〇こ の量もすげーのさ」
民4
「そのてん豊国屋の馬車は馬も小柄で車も軽いから う〇こ も少なくて良いよな」
民3
「どちらにしても う〇こ だらけで、困ったものだけどな」

王子
「パパ、パパ、パパ」
王様
「だから何度言えばわかるんだ。王様と呼びなさい」
王子
「ロエン屋が良い話があると来ています。早く話を聞いてください」
ロエン屋
「王様、先日セデス屋とワゲン屋が持ちかけた相談ですが良い案をお持ちいたしました」
王様
「ほう、話を聞こうではないか。セデス屋とワゲン屋も呼んで一緒に聞こう」

王様
「よし、集まったな。ロエン屋、話してみろ」
ロエン屋
「まちの民たちがセデス屋の馬車はムダに大きくて豪華で重いので 町の中が う〇こ だらけで、汚くて臭いと騒いでいると聞きました」
王様
「バカを言うな。う〇こ をしない馬などおる訳がないだろ。ロエン屋、そんなことを話しに来たのか。大事な話があるというからこうして皆で集まったのに愚か者が。とっとと帰れ。ワシは忙しいのじゃ YOUTUBE動画見るんだから」
王子
「パパ、YOUTUBEって何?」
「それよりロエン屋の話を最後まで聞いてよ」
ロエン屋
「王様、チュウチュウ国の友人から聞いた話ですが、馬の代わりにモーターという機械をエレキを溜めた箱で動かす馬車があるそうです」
王様
「ほう。それは良い案だ」
王子
「パパ、わかってるの?」
王様
「いや、全然。早くYOUTUBE見たいのだ」
王子
「ちゃんと話を聞いてよ。てかYOUTUBEって何」
ロエン屋
「王様、馬のいらない馬車ならば う〇こ 問題は解決です。民も大喜び間違いなしで モーターなどを知らぬ豊国屋の馬車も う〇こ 問題で売れないように新しい決まりを作れば一石二鳥間違いないです」
王様
「欧州で排ガス規制を強化してグリーンディーゼルを促進して規制値をクリアできない車を販売できないようにしようとしたが、排ガス基準をクリアするためにフォルクスワーゲンがいくつかの車種に不正なシステムを組み込んで大きな問題に発展してしまい、日本車を販売しにくくしようとした目論見ははずれてしまった」
王子
「パパ、何言ってるかわからないよ」
王様
「はっ!わしは今何か言ったか?」「なんだか嫌な既視感がしたな」
ワゲン屋
「ロエン屋さん、エレキ何やらとは何のことでしょう。どうやって作るのですか」
王様
「ロエン屋、わかりやすく話してみろ」
ロエン屋
「はい、わかりました。チュウチュウ国の友人が言うにはモーターにしてもエレキ箱にしてももう作っていて、それほど難しいものではなく馬を使ってエレキを使い、それを箱に詰めて馬の代わりに馬車を積むのだそうです」
王様
「馬でエレキを作るだと?!馬で引くのと同じではないか」
ロエン屋
「いえ、エレキ箱にすると1頭で引く馬車を動かすエレキを作るのに馬2頭が必要だそうです」
王様「?」
王子「?」
セデス屋「?」
ワゲン屋「2倍の う〇こ」
王様
「ロエン屋、帰れ。もういい。YOUTUBEを見る」
王子
「パパだからYOUTUBEって何?」
ロエン屋
「王様、待ってください。まちの中がきれいなら民は喜びます。その上、豊国屋はエレキ箱をまだ作れません。2倍の う〇こ など隠してしまえば 民には解りっこありませんから大丈夫です」
ワゲン屋
「セデス屋さん、馬車が高価なのはどうしますか?安い馬車を作れますか?」
ロエン屋
「王様、そこでお願いがあります。豊国屋をつぶすために う〇こ を出す馬車を売ってはいけない決まりを制定していただきたいのです。そしてエレキ馬車を買う民に何かしらの見返りを与えて頂きたいのです」
セデス屋
「それはいい。安価な馬車を作らずに安く売れるということだ」
王様
「なんだか嫌な予感しかないのだが我が国だけでは決められないのでいい湯組合で議題にして提案してみよう」

———————————-その頃、東の国——————————————
家来
「殿、連合国会議の議題が届きました」
殿
「うむ。今回の議題は何じゃ」
家老
「う〇こ 問題の様です」
殿
「・・・・」
家老
「う〇こ 問題だそうです」
殿
「聞こえておる。たわけたこと何度も申すな」
家老
「殿、馬車の馬の う〇こ が町中を汚すことに民が困っているので馬車を禁止する様です」
殿
「うむ。しかしそれでは民の仕事が困ることになるではないか。連合国会は何を企んでおるのだ。よし、だれか会議の前までに探りを入れてよい策を練って会議に出向くとしよう。家老、頼んだぞ」
豊国屋
「御家老、会議の件調べてまいりました。どうやら私どもの馬車を占め出すためのいい湯組合の悪だくみのようです」
家老
「殿、豊国屋がまいりました。申したいことがあるそうです。お聞きください」
殿
「豊国屋、よく来てくれた。妙案を期待しておるぞ どれ、話を聞こう」
豊国屋
「殿、いい湯組合の企みですがどうやら表向きエレキを使うことにより馬車の う〇こ 問題を解決としながら私どもの馬車をいい湯組合から閉め出すのが目的のようです」
殿
「なるほど。して豊国屋、おぬしには何か策はあるのか」
豊国屋
「ありません」
殿
「・・・?」
家老
「こら豊国屋。まじめに考えぬか、殿の前だぞ」
豊国屋
「だからありませぬと申しました」
家老
「豊国屋、ふざけるのもいいかげんに」
殿
「まあ、待て。豊国屋、おぬしの考え わしにもわかるように話してみろ」
豊国屋
「う〇こ 問題はどの国でも同様に頭を痛める問題です。何かしらの策を考える必要はあると思います。手前どもの馬車も大・中・小、馬に牛に色々と取り揃えてお客様の望みに叶うものを売るように心がけております。実は内密にエレキについても考えております。いい湯組合では お国が、相応の金を渡して無理やりエレキ馬車を民に買わせるような策を企んでいるとのことですが、初めこそ買う者もいるでしょうが身の丈にあわぬもの、それほど長く続くまいと思います。何よりエレキを作るのに2倍の う〇こ を出すような道理の合わぬ方法ではいずれ民も気が付くでしょう。殿、会議では知らぬ素振りでいい湯組合の企てに乗ってください。私の見立てでは何もせずとも道理に合わぬ企みは長く持たずに自滅すると思います。」
家老
「殿、いかがなさいますか」
殿
「豊国屋、よくわかった。この度の会議、おぬしの言うとおりにいたそう」

———————————-その頃、西の国——————————————
王子
「パパ、セデス屋とワゲン屋が来てるよ。何かまた話があるみたいだよ」
王様
「今忙しいのだ。YOUTUBE見ているのだ」
セデス屋
「王様大変です。連合国会議でうまく話が進んでエレキ馬車が売れていたのですがチュウチュウ国が安価なエレキ馬車を売り始めて豪華な我々の馬車が売れません。もう少し見返り金を増やしてもらえませんか」
王様
「バカ者。2倍の う〇こ といううことは2倍のエサが必要でもう国の金も底を尽きるぞ。ロエン屋はどこだ」

———————————-その頃、東の国——————————————
家老
「殿、豊国屋が参りました」
殿
「よし、通せ」
豊国屋
「殿、いかがいたしましたか」
殿
「豊国屋、馬車の売れ行きはどうじゃ」
豊国屋
「連合国会議の後、少々売れ行きが悪いこともありましたが、今は売れ行きが戻ったように思います」
殿
「ほう。それは何よりじゃな。西の国では無理な方策で困っておる者もいるとか聞くが、おぬしの申したとおりであるな。やはり、民の心をよく見ずに金もうけばかりでは物事良い方向にはいかぬということかの。豊国屋、あっぱれであった。う〇こ 問題も解決したわけではないからな。これからもよろしく頼むぞ」

温室ガス(CO2)削減を掲げて始めた EV政策ですが 何故か目標を先延ばし おそらく100%EV車にはならないのではないかと思います 本当に効果のある政策ならば 少々不便でも我慢して 政策を進めるべきだと思いますが EV政策が 本当に効果のある政策なのでしょうか 
日本は経済の高度成長期に 公害と言う 大問題を抱え大きな代償を払い 環境保護と経済活動の共存を 子供たちへの教育を通して 長い時間をかけて 都市の河川 港湾の浄化活動をして 美しい町や市、国を取り戻しつつあります 
環境問題を 金儲けの道具にしたりしないで 子供たちに胸を張って言える 正しい方法で 綺麗な自然を残していきたいものです

株式会社メタックス 田淵杉穂

No.191 海洋汚染 微細プラ人体にも毒性‼

海洋汚染で注目される 小さく砕かれたごみ【マイクロプラスチック】人の体内から見つかったという報告が相次ぎ、環境問題から 健康問題へと広がっている。

形状や含まれる化学物質、体内に取込む量など複雑な要素がからみ、その毒性の解明は簡単ではない。マイクロプラスチックは紫外線などの影響で大きさ5㎜以下に細かくなったものをいう。

20世紀後半からプラ製品はあふれ、昨今 世界で800万トンが海に流出していて、餌と間違えて魚が食べ、人はそれを食べるなどして取込んでいると予想されている。関心は生体影響へと広がっている。

マイクロプラスチックによって海鳥の胃が傷つき、繊維化する病気のような症状が出ていたり、マウスの実験などでは肝臓の炎症なども報告されているそうです。

では 人への健康の影響はどうか?

マイクロプラスチックの毒性は大きさや形状、集まり具合、体内への接種のされやすさ、化学物質の種類など様々な要因により一概にはいえない。大きさ150㍃以上のものは消化管で吸収されず体外に排出されるが、数㍃以下だと取込まれる可能性がある。

形では針状のアスベストのよう刺さる形はリスクがある。吸込んだアスベストが肺を傷つけて肺がんを引き起こすような影響が懸念される。解明には10年単位の時間がかかるようです。

プラは生活に欠かせず恩恵は大きい。ただ環境や健康被害への問題が懸念される以上野放図な廃棄は許されない。最近は、飲食店やコンビニでも スプーン・ナイフ・フォークなどもプラから 木製に変わってきています。

個々では先ず何を使っている製品なのかを知ろうと意識する事が大事です。そして変えられるところから使用量を減らす。私自身も買い物時は マイバック持参 飲み物は 出来る限りマイボトルを心がけています。

一人ひとりが 小さなことでも行動していけば大きな力となることと思います。面倒くさがらず頑張って行きましょう!

本年は、年始から 能登半島地震 JAL機炎上と 大変痛ましいことが起きました。被災した方々には 心よりお見舞い申し上げます。

株式会社木陽 佐藤 豊

No.190 環境と車の未来

今年の新聞を見て衝撃だったのは、
2026年F1エンジンにも
電動化の比率が2割弱から5割に変わるということです。
今エンジンの世界で何が起こっているのか。
車の世界で何が起こっているのか調べてみた。

電動化といえば電気自動車 EVでも電気自動車とは、
全て電気というわけではないらしい。
日本政府の自動車の規制は、
2035年までに100%電動化を進め、ガソリン車の新車販売を禁止することを決めた。2035年以降は、HV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)しか売れなくなる。

実は、EVだけではなくハイブリッドも含まれるようです
昨日の新聞では、トヨタが世界の自動車製造世界2位ということです。
今後世界は、どんな車が製造されていくのか?
アメリカとEUを調べて見ました。

まずアメリカですが、カリフォルニア州、ワシントン州、オレゴン州などで2035年ガソリン車の新車販売の禁止。
ただ、ワイオミング州では、反対にEVの販売を禁止。
なぜなら、バッテリーの重要鉱物が不足するからとのこと。

EUは、ガソリンでなくエンジン搭載車の自動車販売を禁止していたがそのことを撤回。
特殊な燃料イーフェーエル(co2と水素を合成する燃料)なら良いというらしい。
そもそも日本のHVを排除目的であるが、色々と状況は変わってるようですね。
まだ結論は出ていないということです。

気になるのは、今後アメリカでの日本車の動きです。
アメリカは基本HV車もダメなようなのでかなり気になるところ。
しかしPHVプラグインハイブリッド車は良いみたいです。
この転換期後10年でどのようになるのかこれからも目が離せません。
ウォッチしたい案件ですね。

ヤマテック株式会社 代表取締役社長 山下隆盛

No.189 さあいい加減本気ださなきゃ

本屋がどんどん閉店していく。

本好きとしてはなにしろ残念なのだが、そういう僕自身も読書に関してはほぼ愛用の『Kindle Whitepaper』にダウンロードしてしまう。

また、先日ローリングストーンズの新譜を買おうと思ってCDショップを探したのだが、そこそこ栄えた駅にもCDショップは既に存在せず、大きな駅でHMVかタワーレコードを探すしかない。

デジタル化というのは寂しいと思う反面、『脱炭素』には貢献できるものだと理解して異論を唱える気はさらさらない。

ドバイで開催された国連気候変動会議(COP28)で今年の世界の平均気温は史上最高になる事が発表され「異常気象は日常的に命と生活を破壊している」と警鐘を鳴らした。

ところがこのCOP28は合意文書をめぐり議論が紛糾した。
なぜなら欧米や島嶼国(小さな島で構成されている国など)が「化石燃料の段階的廃止」の文言を求めたのだが、サウジなどの産油国が反対したためだ。
「私たちの島の死亡証明書には署名したくない」文言なしの案を拒んだサモアの大臣の言葉に、誰もが異論を唱えるのか?

結局「化石燃料からの脱却」で合意した。
昔から住んでいる家が水没していくのだ。

そんな現実を見て見ぬふりをして快適さや利便性、時短、経済性、はてまた経済優位性を優先し続けるのか?

このままでは僕たちの子孫は猛暑の中、自然災害に被災し、経済も破綻し、食糧難に苦しみながら、高所移転を繰り返し、最後を迎えるのか…。

今を生きる世代に責任がかかっている。
運命は仕方ないにしろ、自ら地獄に向かう必要はない。

今年度から、当外装エコロジーシステムの理事長に再就任した。
この団体の存在により我々建築外装業界から排出されるカーボンを確実に減らすことができるよう、決意を改めようと思う。

さあいい加減本気にならなきゃ。

ガイズカンパニー株式会社 代表取締役 仲本 純

No.188 数年ぶりの忘年会シーズン

コロナの影響でここ数年、団体での忘年会が自粛されておりましたが、ちらほら復活の兆しです。

加齢とともに二日酔いの重症度も増していますが、毎回この二日酔いがどうにかならないか、体内にリミッター機能が欲しいと二日酔いになってから毎回思う今日この頃です。

先日近所の方から「柿」を袋一杯頂き、これ、酒のつまみにならないのかなと思いながら

ふとそういえば柿が二日酔いに効くというかすかな聞き覚えがあるなと思い、調べたところ

「特有の渋み成分がシブオールといって、タンニンの一種、アルコールの有害な作用を抑える働きが期待でき、二日酔いの予防に役立ち、水分・カリウムも含まれており、これもアルコール排出に効果があります。ビタミンCも豊富で1個で1日分の必要量を補えます。」とあり

二日酔いで調べると

「お酒の飲み過ぎが原因で、翌日になっても頭痛や吐き気、めまい、食欲不振、不快感などが残ることをいいます。

アルコールは胃や腸で吸収された後、肝臓に運ばれてアセトアルデヒドという物質に分解されて、最終的には二酸化炭素と水になって排泄されます。

アセトアルデヒドは非常に有害な物質で二日酔いの原因になります。短時間に多量に飲むと、肝臓での処理が間に合わず、血中のアセトアルデヒド濃度が上昇し、顔面紅潮や動悸、頭痛を起こします。肝臓の処理能力を超えると二日酔いになります。」との事。

要するに肝臓の処理能力を超えているということなんだなと痛感しております。

すでに数件忘年会の予定が入っておりますが、気持ちだけは控えめに飲むことを意識しておこうと思います。

次回は「ブラックアウト」と呼ばれる症状を調べたいと思います。

ゴットウォール株式会社
代表取締役 後藤秀昭

No.187 私の大好きなドラマの名台詞

「終わりはきらいだ

正直始まりも好きじゃない。

好きなのは途中だ

穏やかに続く毎日 

安定した日常だが

そんな日々が永遠には続かない事は

この歳になれば身に沁みてわかる。

だから無駄な抵抗はせず流れを受けいれるよ。

そして人生の次のステップを精一杯生き抜く!

いつもおもってるみんなを…」

皆さんはこの言葉をどう感じますか?

有限会社ワイズ・エスディ
山中 昭代

No.186 宇宙旅行

民間人が宇宙へ
人類で初めて宇宙に行ったのがユーリ・ガガーリン少佐
60年前の1961年、旧ソ連は世界初の有人宇宙船「ボストーク1号」を打ち上げ1時間48分の宇宙飛行の後、大気圏に再突入し地球に生還した。

そして日本人として初めて宇宙へ行ったのは秋山豊寛氏(ジャーナリスト)旧ソ連のソユーズTM11号で宇宙に行き、宇宙船ミールに乗り込んで6日間滞在。地球の映像を撮影し、生中継した初の日本人宇宙特派員となった。

それから、実業家・前澤友作さんが、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーションに滞在。今、80代の高齢者やがん克服者まで一般人の宇宙旅行が次々と実現している。

カギを握るのが、常識にとらわれない民間による宇宙開発の進歩だ。
宇宙開発市場はすでに40兆円、20年後には100 兆円に成ると言われており、日本でも既存技術を生かしたロケットや月面探査車の開発など世界的に注目される企業も現れている。

ちなみに、金さえ出せば誰でも宇宙へ行ける時代、
例えば、前澤さんのように12日間宇宙に滞在した場合費用は、1人だいたい50億円といわれています。数分間だけ無重力状態を体験できるものだと、今は値上がりして5000万円ぐらいだそうです。

そこで考えなければならないのは、地球の周りは人工衛星だらけ、これまでのロケットは、役目を終えると宇宙のゴミになっている為ロケットの再利用の実験を幾度となく失敗しながら頑張ってる企業もあるし、宇宙は広いからと思っても、想像以上にゴミ問題も深刻に成ってきますね。

私は思うだけで、何も出来ませんけど!

株式会社ライフサポート神奈川
後藤 敬三

No.185 熱中症に気を付けて

今年も暑い夏がやってきました。
建築現場にて作業するのはしんどい季節ですね・・

熱中症対策は皆さま気を付けていらっしゃるかと思いますが、いざという時の為に改めて再確認してみてはどうでしょうか?

熱中症の症状

  • 軽症→めまい・立ち眩み・足や腹部のけいれん
  • 中症→頭痛・嘔吐・ぐったりする
  • 重症→意識障害・全身のけいれん・高体温等

夏の屋外とくに炎天下で体調が悪い人がいた場合には、まず熱中症を疑います。室内でも熱い環境での体調不良は熱中症を疑いましょう。

まずは意識の確認を!! 熱中症の応急処置

意識がある場合

  1. 意識の確認→意識がある
  2. 安全で涼しい場所へ移動
  3. 服やベルトを緩め、体を冷やす
  4. 水分の補給して回復まで安静にする(自力で飲めない場合は医療機関を受診)

意識が無い場合

  1. 意識の確認→意識がない
  2. 救急車を呼ぶ(意識があっても反応が鈍い、言動がおかしい等の場合は救急車を)
  3. 救急車到着まで涼しい場所へ移動、衣服やベルトを緩め体を冷やす(保冷剤や氷などがある場合には、首やわきの下・太ももの付け根に当てて冷やす)
    ※意識が無いときは誤えんして窒息してしまう危険があるので、水分は飲ませない事。

現場で事故など起こさぬよう作業員同士の声かけあい、体調管理に注意しながらこの暑い夏を無事に乗り越えたいなと感じます今日この頃です。

有限会社 ナガタ 清野 友之

No.184 新記録だらけ!!

全く環境と関係無い話になりますが明るい話題を

大谷翔平選手はとにかくすごい!
打者・投手としてそれぞれに超一流!
打って良し・投げて良し・走って良し!

2023年、6月の記録
6月、27試合、全試合先発出場
104打数、41安打
☆打率。394、
☆本塁打。15本(ヤンキース松井を抜く)
☆打点。29打点

週間MVP受賞はイチローさんを抜き最多

ほぼ毎日、打っても打たなくても話題になりすごい選手だな~
こんな選手は今後二度と現れないでしょう

職人さんは二刀流?三刀流?∞流?
マイナンバーはどうなっちゃうの?

暑すぎて頭がおかしくなってしまった私です(笑)

株式会社 成有
代表取締役社長 成田 康朗

No.183 人生を前向きに

偶然にも高原で過ごせる機会を得ました。

優しい風 柔らかな雨が心を撫でていき
見上げる夜空には落ちてくるのではないかと心配になるほどのたくさんの星たちがキラキラと光る。

ほんの数日ですが、安らかな気持ちになり、明日の不安がスーと消えていくような気がする。

生活をリセットでき、今までとは違った眼差しで眺めることが出来るような気がする。

その環境を維持するために、多くの方々が一生懸命働いています。

私たち訪問者もこの素晴らしい環境を守ることが大切で
無駄なゴミを捨てずに、ゴミは持ち帰り、地域の方々に感謝することが、より良い環境を維持するための大切なステップです。

美しい自然と、それを守る人々が存在することを再認識することが出来ました。

高原での滞在は人生を前向きに変えるきっかけとなるかもしれません。

有限会社フレックス 関根郁子

Copyright © NPO法人 外装エコロジーシステム. All Rights Reserved.