No.124 チャリで風切って胴回り きゅっ と?

中高年になるとおなかがぽっこりと出て、メタボリック症候群と診断される人も増えてくる。
体にあまり負担をかけずに楽しみながら減量できる方法として、人気が高まっているのが自転車だ。

ストレス解消にもなる自転車で、20代のきゅっと締まったウエストを取り戻したいと思い、チャリに乗ってみた。

自転車は有酸素運動でメタボリック症候群の予防や改善に役立つと言われたものの、最初は半信半疑ではじめてみた。

たまたま自宅を建て替える時期と重なり、通勤を車から自転車へ

まずは、会社までの往復を、4ヶ月間、その後 週末の時間があるときは約1時間をアップダウンのある道のりを走り込んだ。

その結果、65Kgの体重が62Kgに

何か、体が軽くなったなー
3Kgでもこんなに違うのかと感じました。

自転車部品製造のシマノも社員50人を対象に自転車に乗ってメタボを解消する3ヶ月間の社内実験を実施した結果

週3回以上乗った人は体重が平均1.7Kg、体脂肪が1.6%減少。
その他 血液データでも改善が見られたそうです。

1Kg体重を落とすにはどの程度自転車に乗ればよいのだろうか。

1Kgの脂肪を燃焼させるのに必要な消費カロリーは7200キロカロリー。
体重70Kgの人が時速15キロメートルで1時間走ったときの消費カロリーは350キロカロリー。

つまり、15キロメートルの距離を自転車通勤で往復していれば、10日程度で1kg体重が減る計算になる。

体重が1Kg減るごとに、腹囲が1cmずつ減っていれば、理想的な体重の落ち方。

自転車はランニングほど消費カロリーは大きくないが、風を切って走る爽快感から長く続けられるのがメリット

ランニングに比べて膝への負担も少なく、体重の重い人にも向いている。
それに、なんといっても化石燃料を使わずにある程度移動出来る手段としては最適ではないでしょうか?

CO2削減にも……  エコにも……

今年は梅雨空けも早く これからが夏本番
いつもは冷や汗かいていますが、いい汗かいて ストレス解消!!

くれぐれも熱中症には注意しましょう!!

株式会社 木陽 取締役常務執行役員 佐藤 豊

No.123 身近にできるエコ活動

先日新聞記事をみてすこしびっくりしました。

内容は、「日本の海洋プラゴミが世界の27倍」もあるといいます。
これは、日本近郊の海洋に関してなので決して日本だけではないにしても日本を含むアジアであるとのことです。

今までビンとか缶だったものがほとんどペットボトルに代わってきており、そのペットボトルの処理が単純にできていない。
リサイクルも8割は行われているらしいが、何せ数が多いからそのプラがリサイクルできていないということなのです。

何がびっくりしたかというと、プラのリサイクルは進んでいると思ったのですが、それがこんなにも問題になっているのかということ。

そして、日本のプラを中国が最近受けりれなくなり、リサイクルが進んでいないというすこし自分の認識とちがったことがおどろきでした。

自分たちができること。⇒ 水筒などにいれてあまりプラを使わない。買わない。

たしかに、経済を回すためには買うことが必要ですが、水を買うのでなく、飲み物を買うのでなく、水筒を使えばお金も資源も有効に使える! こんなことを感じました。

身近なことから初めてみること皆さんにもおすすめいたします!
よろしくおねがいします!

ヤマテック 株式会社 代表取締役社長 山下隆盛

No.122 事務所の模様替えを本気でやってみた!というおはなし

『はたらきかた改革』ってな~に?

外装エコロジーシステムに集う経営者たちは、みな一生懸命な人ばかりだ。よく、自社が抱える問題に関して語り合ったりしている。

特に社員の確保や、教育、そして離職率の高さは未来を懸念せざる負えない問題だ。

僕たち専門施工店の企業性が高まらないのは、当然その生産性の低さが一番の理由であると考えられるが、さて、それが一番の問題で、そのせいであると言い切れるのであろうか?

そこで冒頭の『はたらきかた改革』に関してである。ちょっとその件ケガを覚悟で取り組んでみようか?とばかりに数年前よりもがき苦しみながら戦っているところだ。

さて、今月行ったメインイベント『事務所の模様替えを本気でやってみた』に関して皆さまに報告いたします。

事務所の模様替えを本気でやってみた!
Before-01
事務所の模様替えを本気でやってみた!
Before-02

当社の事務所は仕切りがあり、机の上には資料のタワーがそびえ立ち、みんなの顔が見えない環境でした。その環境に誰も何も疑問を持っていませんでした。ただしコミュニケーション不全は以前より問題化していたし、その対策のための会議も重ねました。しかし改善しない…。

当社コンサルタントの提案を受け、社内環境改善計画『トリサル』の一環として、模様替えを行ったのが以下の画像です。

事務所の模様替えを本気でやってみた!
After-01
事務所の模様替えを本気でやってみた!
After-02

朝出勤すると、全員の顔が見え、「おはようございます!」の元気な声が響きます。

人と人を隔絶する、多くの壁が無くなり全体が一体化した感じです、なにより清々しい。

これからどんな効果が現れるのかが楽しみです。

ガイズカンパニー株式会社 仲本 純

No.121 〜最近の話題〜

このところ立場ある方が立場を失うという話題が目につきます。

一般人の私には理解が出来ない程の能力、知能、経歴をお持ちのはずですが

軽率な行動や発言により

結果立場を失うことになってます。

言葉遊び、うまい表現だなと感心する反面、

この原稿に軽率な表現がないか必要以上に心配になったりしています。

発言、行動には充分気を付けようと思った今日この頃。

もっと前向きな話題で賑やかしてほしいものです。

ゴットウォール株式会社 代表取締役 後藤秀昭

No.120 あたたかい寒波

やっと冬本番が終わり、暖かい時期になってまいりました。
今年の関東地方は4年ぶり、いや4年前以上に雪が積もりましたね。

普段からあまり雪に慣れていない地域の方は雪かきでの筋肉痛に悩まされた人も少なくないのではないでしょうか。

そんな大寒波の今年、韓国の平昌で冬季オリンピックが開催されました。

例年まれに見ぬ大寒波にもかかわらず、
選手達の活躍により観ている私たちも応援に熱く燃え上がり、
試合や演技後にはあたたかい感動が胸の底からこみ上げてきました。

寒い寒いと言いながらのスポーツ観戦もいいものですね。
今年の冬は大寒波ですが、
みんなが一致団結した心の温まる冬だったように思えます。

そろそろ春を迎え、暖かくなってきますが
季節の変わり目はいつも以上に体調に気をつけなければなりません。

気温の変化に体がついて行かず、少し無理をしてしまいがちに。
小さな油断が大きな事故につながらないよう、
皆様注意してお過ごしください。

有限会社サガミテクノ 代表取締役 川島博之

No.119 平昌オリンピック

私のスケートとの関係

初めて私がスケートを滑ったのは、5歳でした
当時はまだ下駄スケートと呼ばれていて
冬は田んぼに水を張り
-15℃から-20℃という日本のチベットと言われる様な地で
幼き頃より16歳までスケートをやっていました。

小学生のころ今のオリンピックで使われているスケートリンクは
軽井沢スケートセンターぐらいで、
鏡のような氷面のリンクは憧れでした。
普段の大会などは、湖などが会場で
氷の状態はあまり良くなかったのを思い出します。

小学生のころ、日本のオリンピック代表と言えば鈴木恵一選手
子供心にとても憧れの人でした。
将来は自分もオリンピックに出たいな!なんて思った事もありました

私事はこのぐらいで

今回はスピードスケートで、
平昌オリンピック代表の山中大地選手に注目してみました。
ソチに続き2回目のオリンピックです。
ソチでは1000mの代表に選ばれましたが、
今期は19日500mと23日1000mに出場予定!

なぜ今回ここに注目したかと申しますと
私の郷里よりまたまた!!活躍する選手がオリンピック代表として出たからです。
あまり注目されてはいないのですが、
女子500ⅿ1000ⅿ小平奈緒選手の練習パートナーとして抜擢され、
生活面まで全てに刺激を受けたそうです。

全日本距離別選手権で混戦の男子500ⅿで唯一34秒台を出し
1000ⅿと共に代表に選ばれ入賞すると期待している
ここまで突き進んできた自分を信じて
平昌オリンピックで力を発揮してくれる事祈っております

みなさん今回の山中大地選手応援宜しくお願い致します。

有限会社 ワイズ・エスディ 代表取締役 山中時彦

No.118 外国人と共に暮らす

昔、私が小学生の頃、「アキラ」というアメリカ人の男の子の同級生がいた。
髪は金髪、目はブルー。見るからに「外国人」であった。しかしアキラは日本で生まれ育ち、日本語も堪能、日本の文化にもなじんでいたので、子供心に何の違和感もなく一緒に遊んでいたのを覚えている。しかし、私が小学生の頃であるから今から30年以上前である。30年前の日本で「外国人」として日本で生活をしていくことがどれだけ大変であったか。ご両親の苦労を想像するとぞっとする。

そして現在、2018年の日本。国際結婚も珍しいことではなくなり、学校でも、1クラスに一人は必ずと言っていいほど「外国人」の子供、もしくは日本人とのハーフの子供がいる。それだけ「外国人」が日本に増え、外国人がいるのが当たり前になったのである。
 各業界をみても、「外国人労働者」の流入がすすんでいる。それは日本の少子高齢化を手助けしてくれてる事でも有ると考える

では、各業界への外国人の流入で恩恵を受けているのは誰だろう?素直でやる気に満ち溢れた「外国人」という労働力を得た会社だろうか?それとも憧れの日本で暮らし、故郷の家族に仕送りができる「外国人」だろうか?それとも納税者が増え、税収入があがった「日本国」であろうか。

現実は、「外国人」であるが故に常に神経をとがらせ、不正はないか、間違いはないかと日々確認し神経をすりへらしている会社と、毎年ビザを更新できるか不安を抱え、日本の物価高に驚き思ったほどの仕送りができない「外国人」と、税収入が増えないと嘆く日本国ではないだろうか。

そこにはまだまだ「心」の問題があるのだろう。例えば、現場に「外国人」がいるとする。それを見た日本人はどう感じるだろう?「あ!外国人だ!良かった!ラッキー」だろうか?「わ…外国人だ。大丈夫かな?心配」明らかに後者ではないだろうか。これだけ外国人が増えてきたとはいえまだまだ外国人労働者への偏見は強い。

法務省調べでは 中長期在留者数205万人 特別永住者数33万人 計239万人と有りますが、不法就労者及び不法滞在者を含めると倍以上の滞在者が居ると思われます。

これからも外国人労働者は増えていくだろう。お互いに「心」を変える必要がある。外国人である前に同じ人間である。縁あって遠い外国から日本という国にやってきて日本になじもうと一生懸命に取り組んでいる一人の人間である。そこを尊重し認め、自由にまた、おおらかに受け入れる懐の深さと土壌が必要である。また、外国人側も「郷に入れば郷に従え」である。ここは日本。文化の違い、感じ方の違いがあるのは当たり前。どちらが良い、悪いではなく違いを受け入れ対応していく謙虚さ、人間的深みが必要である。そして国としても、良い人材は寛大に受け入れるビザの仕組みづくり、当たり前に納税できる仕組み、外国人でも暮らしやすい日本を作っていかなければこれからの日本のこれ以上の発展は難しいと思われる。
  
(株)ライフサポート神奈川   小野瀬智子

No.117 ジャネの法則

外装エコロジーシステムの役員様・会員の皆様、
日頃から大変お世話になり有り難うございます。
今年もすでに師走を迎え
皆様忙しい日々を過ごされているのかと思います。

突然ですが皆様は世の中で一番大切なものは何だと思いますか?
家族や仕事ももちろん大切な事ですが
最近私は思いますのは「時間」です。

年を重ねると時間が過ぎるのが早くなるとよく言いますが、
まったくその通りで私も40代半ばになりますが
年々一年過ぎ行くのが早く感じます。

ちなみに・・「ジャネの法則」いうものがあり、
それは5歳の子供と50歳の人が感じる
1年間の速さは10倍の差があるそうです。

悲観的な事ばかり言うつもりはございませんが
時間の大切さを頭に入れて
仕事や家族、趣味も励んでいきたいと感じます。
(子供の成長も嬉しいです!)

それでは皆様、今年もあとわずかではありますが
現場で事故やケガなどないよう
すばらしい新年を迎えましょう!

有限会社 ナガタ 取締役部長 清野友之

No.116 また事件が起きてしまいました。

また事件が起きてしまいました。

私が 書きましたブログですが
「相模原障害者施設殺傷事件」
去年 2016年7月26日 におきた
19人が亡くなられ、27人重傷をおった事件から
約1年と4か月
会社からほど近い 相模原市の隣座間市
「座間市殺害事件」

今現在ではまだ取り調べ中で
事件の全貌はわかっていませんが
なぜあのような事件が起きてしまったか
なぜ人を殺そうとしてしまうのか
私は犯人の心理が全く分かりませんし
分りたくもありませんが
今後このような事件が起こらないよう理解しないと
ダメなのでしょうか?

タクシーに乗る機会があり 事件の事を
伺ったら 捕まる2日前に乗せたそうです。
見た目なんら変わりのない普通の人だったそうですが
駅(相武台前駅)から自宅まで歩いて7~8分の距離を
タクシーを使った事で変わった人だなと記憶があったそうです。

私も駅を使うのでもしかしたらすれ違っていたのかもしれません。
ネット社会の怖さなのか・・・
今後、日本はどうなってい行ってしまうのか怖いです。

株式会社 成有  代表取締役社長  成田 康朗

No.115 家庭でのエコ生活

家庭でできる『エコ』には省エネ・エコ家事・ゴミ減量など色々あります。
地球の天然資源を大切にしながら、電気代・ガス代・水道代も削減する試みです。
毎日発生するゴミの減量や、ゴミの分別も立派なエコ生活の一環です。
我が家でも小さな事から『エコ』実践しています。

ゴミをしっかり分別する

再利用が可能に、燃やす際に有害物質の発生を最低限に抑えることもできます。

ゴミを減らすために、不要になった古新聞を食器を洗うときに、水で流す前に軽く汚れをふきとるだけで、水の量・汚れかたが全く違ってきます。

普段は捨てている野菜の皮や魚の骨を料理に使う方法などもとりいれています。

ほんのちょっとしたことから家庭でのエコ生活はスタートできるのです。
調理方法も余熱活用、料理を煮込む際に、必要以上に炎を強くしない。

お鍋の大きさに合わせて炎の量はコンロール(「強火」から「中火」(1日3回)二酸化炭素を0.5kg削減)

食材を大切にする、当たり前のように捨てている野菜の皮を、炒め物などにして上手に活用してみましょう。
たくさん作ってしまったからといって、食べきれない分を捨てる。

ご飯を残さず食べた:(廃棄コスト減少により平均で15gの二酸化炭素削減)


残った分は冷凍保存して後日食べたり、必要な量だけをきちんと把握して作るなど、無駄のない調理を行いましょう。
魚の骨や皮も残さずにミキサーで砕いて団子状にしたり、野菜のゆで汁をスープに使ったりと、工夫次第でいくらでも生ゴミを減らすことができます。


洗いものをするときにも、水の使用量を抑えることも大切です。
流しながら洗うのではなく、大きなボールにお水をある程度ためてから、食器を浸して洗うのもオススメです。

洗う時間を少し短くする:(2分でおよそ120gの二酸化炭素節約)

家庭でできるわずかな取り組みをするだけでも多くの二酸化炭素の排出量を削減することができ、家計費も減らせ一挙両得です。

地球温暖化対策は、待ったなしの状況で、生活の中のちょっとした配慮を続けることで地球温暖化の原因である二酸化炭素を減らしていくことが必ずできます。

常に家庭での『エコ』と社会全体を考えた広い視点の両面から考えられる主婦であり続けたいです。

有限会社フレックス 関根郁子