No.134 ゴミと護美

すっかり桜の葉が散り緑に覆われて惜春ともいいましょうか皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度順番が回ってきましたので書かせていただきます。

駄文になるかと思いますがお付き合いいただければ幸いです。

今回何を書こうかと考えた時、最初に浮かんだワードは「ゴミ」でした。

ゴミと聞くとどんなことを思い描きますでしょうか。
邪魔な物、環境を壊す物、不要な物、多種多様あると思います。
イメージとして悪い。
というのが私の正直な思いです。

皆様は神社仏閣に行った際、「護美箱」と書かれたゴミ箱を見たことはないでしょうか。

私は初めて見た時衝撃を受けました。
イメージの悪かったゴミに対して護ると美しいというプラスのイメージしか受け取れない漢字が使われていました。

このような漢字を使うと、
綺麗にしなくては!
ゴミを拾わなくては!
と無意識に行動に起させ、
環境美化につながるんだろうなとしみじみと感心しました。

そこで思ったのですが護美という漢字のルーツがどこにあるのだろうと思い調べてみました。

なんと平家物語に護美という漢字が使われているんだそうです。

ルーツはとても古く当て字なのですが、近代の当て字としてではなく立派な日本語だったということにまた衝撃を受けました。

昔の人はゴミに対して悪いイメージは無く綺麗な言葉にしていたと考えると今以上に捨てる物にも愛着や、心があったのではないか。と思いました。

今と昔を考えてみると物々交換の時代から金銭の受け渡しによる売買に変わり時代ともに物が必要以上に溢れてきてしまっています。

捨てる物にも心を持って捨てていた時代と心無く捨てつつある時代。

「護美」と「ゴミ」
技術的な環境対策ではなくもっと根本的なものを考える時なのかもしれません。

有限会社ワイズ・エスディ 山中泰介

No.133 大自然に生きる

ECOというと「環境に配慮した」「自然に優しい」といったことが思い浮かぶと思います。
では、「自然な生き方」とはどういったものでしょうか。

人間は自然に生かされています。
太陽が無ければ生きて行けないでしょう。
水が無くても生きていけません。
そして自然の前で人は無力です。
まるで地球の主かのように生きている人間ですが、自然災害、天災の前では人は無力です。

ですから、人は地球という星に命を授かってからずっと自然と共に生きてきました。
自然に生かされ、必要な分だけ自然を頂き、出来る限り元に戻してかえる。
それらを繰り返すことでバランスを取りながら生きてきたのです。

「自然と共に生きる。」これこそが「自然な生き方」だと思います。
 
夏にモンゴルに行く機会がありました。
モンゴルの、特に遊牧民の生活は正に自然と共にありました。
太陽と共に寝起きし、そこで取れるものを必要な分だけ頂き、命を育み、命を繋いでいく。
おごらず、必要以上の物を持たず、求めず。
自然の中で自然と調和して生きていました。正に自然な生き方です。

日本に帰ってきて感じることは、不自然なことが多いなぁ。
必要のない物が多いなぁ。
生き方が不自然にさえ見えてきます。

例えば何でしょう。
最近では様々な野菜が一年中手に入ります。
しかし、その時期に取れる旬のものを美味しく頂くのが自然な生き方ではないでしょうか。

また、スーパーには美味しく見えるキレイな色をした食べ物がたくさんあります。
本来の素材そのものの色でしょうか?不自然な添加物を加えていないでしょうか。
特に子供には素材そのものの味を味わせたいものです。

そして、大量生産、大量消費。世の中に必要以上のものが溢れています。
安いから買おう。壊れたら捨てればいいや。
必要のない物を作って、捨てる。その自然への影響はいかほどでしょう。
昔のように良い物を長く使うという考え方に戻す時期が来ている気がします。

そして24時間営業のお店が数多くあります。
夜は寝て、朝起きる。こういった当たり前のことから生活を見直してみてはいかがでしょう。

今更、原始時代のように夜明けと共に起きて、日暮れと共に寝るという生活に戻るというのは無理があるかもしれません。

しかし、今の生活を少しだけ見直して、自然に寄り添った、自然に優しい、自然と共に生きる生活に変えることがECOへの第一歩だと考えます。

株式会社 ライフサポート神奈川 小野瀬智子

No.132 自分の思い

3月の外エコ原稿担当は弊社ナガタということで、
少し今自分の思いなどお話しさせていただきます。

3月といえば忘れてはならないのが3月11日に起きた東日本大震災です。

あれからもう8年の月日が過ぎました、いまだ震災の影響により日々の生活に支障をきた らされている被災者方の皆様には大変心が痛みます。

当時現地の状況はラジオやテレビの映像でしか見ておりませんが現地の津波などによる 壊滅的な町並みの信じられない映像を見て言葉を失いました。

当日私は相模原市の職場にいました。

地震発生の瞬間すさまじい揺れで立っているのが 精一杯で、心の中で「とうとう来た」と、驚きと恐怖を感じたのを鮮明に覚えております。

幸い家族や知人などにけが人もなく事なきをえました。

被災者でもない私が偉そうなことをいえませんが被災地に住まれてて大切な家族や住居を失われながらも復興に向けて立ち上がる現地の方々には大変な苦労が未だにあるかと思われます。

何かのコメント欄に被災者方の言葉で『前よりいい街にしてやる』『心まで壊されてたまる か』と、辛い状況ながら前向きな力強い言葉を見て大変感銘をうけました。

大したことはできませんがこの事を決して忘れず自分の後世に伝えたいとおもいます。

災害はいつ何時起こりうるかわかりません自宅もそうですが、職場においても避難場所の 確認やご近隣同士の連携がとれる体制など防災の意識を高めたいと感じます。

繰り返しになりますが、何年過ぎても決して忘れず、
日々の当たり前の生活に感謝し、
仕事・家族と向き合っていきたいです。

有限会社 ナガタ 取締役部長 清野友之

No.131 バイトテロ(バカッター)

最近こんなフレーズをテレビで見かけます。
悪ふざけを超えた行為 【バイトテロ】

飲食店

  • 魚の切り身をゴミ箱へ一度入れて再度まな板へ戻そうとした行為
  • 調理中、鍋の炎でタバコに火を点ける行為

コンビニ

  • おでんの具(白滝)を一度口に入れすぐさま吐き出した行為
  • 商品のパッケージやペットボトルの飲み口のなめる行為

上記の行為は会社から訴えられることもあるそうです。
不法行為による損害賠償です。
損害の範囲がどこまでなのか
会社の価値を棄損したのか
ということです。
数値にするとどれだけの損害になるのか?

例えば、お客様が動画を見て行きたくないとなって
売り上げが落ちたとして、
1店舗の売り上げが1日あたり10万円下がったとし
1か月300万円、一年続くと3600万円となり
考えただけでも恐ろしい金額になります。

インターネットに拡散した人、撮影した人も同じように
訴えられることがあるそうです。

自分も若かりし頃、こんなことやっていたかな?
売り物にならなくなったたまご(腐った)を
外で投げ合いしたことはあるけど(汗)・・・

今のネット社会では年数を経ても動画・画像が消えることはなく
その後の人生に影響を与え続ける可能性があることを忘れてはいけないと思う。

株式会社 成有
取締役専務 成田康朗

No.130 原子力発電所について

ドイツ南西地方にシェーナウ電力会社があります。
この会社はチェルノブイリ原発事故後の反原発運動をきっかけに市民が作った電力会社である。

ここでは「原子力に反対する100個の十分な理由」として、原子力エネルギーの危険性を訴えております。

日本は世界で唯一の被爆国であり、放射能の恐ろしさは何処よりも実感していると思います。

まだ記憶に新しい福島の放射能流失による甚大被害など大きな問題になっております。

いかに原子力の影響が恐ろしい物か紹介したいと思います。

原子力に反対する100個の十分な理由から

1. すべてのウランは輸入されなければならない
2. ウラン産出は数多くの人々の生活基盤を破壊する
3. ウラン発掘は貴重な飲料水を奪う
4. ウラン鉱山業から強毒性の汚泥は、住民と環境を脅かす
5. ウラン鉱山業は癌を引き起こす
6. ウラン採掘は死の大地を生み出す
7. 汚染処理には数億ユーロの費用を必要とする
8. ウラン鉱山はすでに20年来、原子力発電所の需要を満たせていない
9. ウラン埋蔵量は、わずか数十年のうちに枯渇する
10. 六フッ化ウランが絡む事故は破局的な大事故を招きかねない
11. 兵器になりうるプルトニウムがヨーロッパの道路を走りまわっている
12. 原子力発電所は子供だけを病気にするわけではない
13. 原子力発電所は大気へ、水中へと放射能物質を排出している
14. 放射線防護の安全基準は放射線による被害を甘んじて受け入れいている
15. 低線量の放射線被曝は、公的な想定よりも危険だ
16. 原子力発電所からの放射線廃棄物は、DNAにまで組み込まれる
17. 原子力発電所からの温排水は魚から酸素を奪う
18. 原子力発電所では何千人もの非正規労働者が汚れ仕事を処理している
19. 電力コンツェルンの上層部のエリートは、私生活において自身は原発から大きく離れたところで生活している
20. チェルノブイリの原子炉事故は多くの人々の生活を破壊した

以下100個まで訴えたい項目があり、全部紹介したいところですが後は「原子力に反対する100個の十分な理由」で検索してみて下さい。

皆さん、どうお考えでしょうか?

有限会社フレックス 代表 関根幸治

No.129 この冬を乗り越える

このところ毎日が寒いですね。

毎朝の事ですが、布団からなかなか抜け出せない季節がやってまいりました。

スキーやスノボなど、この季節を心待ちしていた方も大勢入らっしゃるとは思います。が、なにしろこの季節は寝起きに鏡を覗くと、乾燥しているせいか妙にシワが目立ちます。

朝でかけるタイミングで、車のガラスが凍っております。
フロントガラスの凍結にお湯をかけて溶かし、走り始めれば路面が凍結しているので、早くスタッドレスに交換しなければと考えますが、なかなかその時間が取れずに面倒くさい。

久しぶりの休日も雪山登山は危険なので行けず、ゴルフボールは雪の中に消えてゆきます。
インフルエンザが流行しますから、ゴホゴホしていると、廻りの人々の眉間にはシワが寄っています。

ドアノブを握れば手がバチッっと。痛くてムカッとしたりするわけで。
そんな「冬のアルアル」ですが、なぜか最近の私には手にバチッと電気ショックがありません。

これには思い当たる節があり、気になるので、この静電気にスポットを当ててみました。

皆様もご存じのとおり「バチッ」とくる原因は、体に溜まった静電気の放電現象です。

結構痛いですし、体に電気が溜まるのは健康に悪影響がありそう?なので、調べてみますと

血流が悪化して自律神経が乱れる
カルシウム・ビタミン不足を招き疲れやすくなり、イライラの原因に
空気中のゴミ・菌などを引き寄せ皮膚病の原因に

やはり健康に悪影響がありました。

なので静電気の予防法を調べますと、
綿製品を着る。
綿には吸湿性能があり、湿気を持つ綿が空気中に放電するようです。

室内の湿度を60%前後にする
インフルエンザ予防にもなり、一石二鳥。

畳(フローリング)をはだしで歩く
体から畳へ放電するようです。逆に、カーペットなど化学繊維は歩いているだけで静電気が溜まるそうです。

昨年からですが、健康に良いのではないかと思い、身に着ける衣類を全て綿製品に変えたことが、私の静電気対策になっていました。
思いもよらないところで自然素材が私の健康に寄与していたのです。

P.S.
綿製品について、もう一つ気が付いたことがあります。
綿100%の靴下をはいていた今年は、足が臭くなりませんでした。
足が臭くて困っている方がいらっしゃいましたら、是非試してみてください。

最後になりますが、
皆々様のご健勝と益々のご発展をお祈り申し上げます。
良いお年を!

二宮建装株式会社 代表取締役 横島 剛

No.128 マイクロプラスチックの環境汚染が他人ごとではないと感じた事

最近、大手コーヒー店をはじめ、ファーストフード店やレストランチェーンなどで、ストローの使用を廃止するニュースなどを耳にします。
その理由として、海の環境汚染の事が言われています。

「へぇ~」と思ったものの、どこか他人事なところもあり、あまり真剣に捉えていませんでした。

環境問題というと、地球規模の大きな問題だからと、遠く感じていたのかもしれません。

それから少しして、“海のマイクロプラスチック汚染”について再び耳にする機会があり、
それらが自分たちの生活から排出され、人間の体内にも入り悪影響を及ぼす可能性があり、そしてそれはごく身近であるという事を知りました。

マイクロプラスチックとは、ストローやペットボトル、スーパーのゴミ袋などのプラスチックゴミが海に排出され、漂流している間に割れたり砕けたりして小さくなったもの
歯磨き粉や洗顔料に含まれるスクラブもマイクロビーズもそのひとつ

マイクロプラスチックは熱や太陽の光によって砕けることはあっても海洋で分解されることはなく、

つまり、海に流れ出たマイクロプラスチックは長い間海を汚染し続けてしまうらしいのです。

小さな海洋生物がマイクロプラスチックを食べ、その魚を大きな魚が食べる事で海洋生物のマイクロプラスチック汚染が広がっています。まさに食物連鎖の中で、人間も魚を食べます。

調べでは、東京湾で採れる魚の7~8割はマイクロプラスチックを含んでいるそうです。
ある研究グループの調査結果によれば、日本を含む8か国の17ブランドの海水から作られる食塩の9割にマイクロプラスチックが検出されたそうです。

マイクロプラスチックにはダイオキシン類や有害な化学物質が付着しやすい性質があり
これらの有害物質はガンやそのほかの重大な疾患の原因になることもあるそうです。

排出経路も、体内に入るのも、その影響も、かなり他人ごとではない感じがします。
それが分解されずにどんどん増えてゆくというのですから問題は深刻なのだという事がわかりました。

ではどうしたら良いのか?

基本的には「Reduce,Reuse,Recycle(減らして、再利用して、リサイクル)」だそうです。

まずは、使い捨てのプラスチックやビニールをなるべく使わない
(ストロー、フォーク、スプーン、レジ袋など)

マイクロビーズ入りの歯磨き粉や洗顔フォームを使わない
(自然派のスクラブのものもある、裏面にポリエチレン・ポリプロピレンなど書いていないもの)
そして食品パックやペットボトルはリサイクル
袋はなるべくエコバックを使うか再利用する。
など

大きな問題ではありますが、まずは自分から出来る事をやるしかないのだと思いました。

有限会社五十嵐建設工業 積算課 水澤

No.127 一日一善

秋も少しずつ深まり、暑かった、いや、暑すぎた夏からやっと解放されて過ごしやすい季節になってきました。

10月に入り、今年の終わりも見え始めてきましたが、体に気をつけて頑張りましょう!

先日、ネットを何気なく見ていたら、こんなブログ?を見かけ共感してしまったので、皆さんにもお伝えします(笑)

最近思うこと

最近僕が思う事は「人と人の繋がりが薄れてきている」という事です。
電車に乗っているだけで「どうして?」と思う光景をたくさん見ます。

お年寄りに席を譲らない人。
コロコロと転がる空き缶を誰も拾わない(自分のとこに来なきゃいいと思ってる。)
向かいに座っている人が携帯を落として目の前に来たのに拾ってあげない。

こんなのを電車に乗るたびに見ています。
みんなやさしさや思いやりが無いのだろうか?
いや、そんなことは無いと思う。みんな思いやりもやさしさも持っている。

ただ、みんな回りを気にして「かっこ悪い」とか「もし面倒なことに巻き込まれたら嫌だな」とか思っているんだと思う。

確かに万が一(本当に万が一)で面倒なことになるかもしれないし、人助けが逆に「ありがた迷惑」になるかも、なんて思うと気が引けてくるかもしれないが、そんな事でおじけづくなんて意気地(いくじ)が無さ過ぎる。

そういう時は誰かが手本を見せてあげればいい。

誰かがやればみんな「自分も」という気分になる。
みんな本当は「困っている人がいたら助けてあげたい」という気持ちはあるのだから、その気持ちを覚ましてあげるだけでいい。

一日一善(※)によって「人と人との暖かい繋がり」が再生してほしい。

そして、ひとつの一善から輪が広がって、あちこちに一日一善があふれたらもっといい世界になると思う。

僕はひそかにそんな事を期待しながら、一日一善をやっています。

※「人助け = 一日一善」ではないが、今のところ僕は困っている人を助けられたら、それが一番の一善だと思っています。

という、一日一善の勧めが書かれていました。

普段から、良いことをしたいと思う人たくさんいるとは思いますが、上記に書かれている通り、恥ずかしいとか、面倒だとか思われている人もいるでしょう。

ただ、人助けみたいな大きなことでなくとも、道端のゴミを一つ拾うでも一善になるのではないのでしょうか?

一つ一つが小さくても、大勢のひとが行えば大きな善になるのではないでしょうか?

この一日一善の勧めが少しづつでも広がっていけばいいなと思います。

有限会社 サトウルーフ建工 佐藤祐二

No.126 屋根の豆知識

インターネットで「屋根・新聞」と検索すると日本屋根経済新聞と言う名前が出てきます。

昭和48年創刊、発行部数は約1万部とそんなに多くない業界新聞です。

購読層の大半が屋根工事を中心とする施工会社でありその他は屋根関連商品のメーカー、工務店、設計事務所、住宅会社の購買担当です。

掲載されている内容は、陶器瓦・スレート瓦(コロニアル)・金属屋根材等の動向を中心に多岐にわたり業界全体の動きを発信しています。

興味のある方は、試にお読み下さい。

誤解しないで下さい。
決して新聞社のPR分ではありません。

また、もう過ぎていますが全国陶器瓦工業組合連合会が8月8日を「屋根の日」と制定しています。

生産者・工事会社の団体が全国各地で多様なイベントを行っています。

ちなみに4月9日は「左官の日」(しっくい=49)から来ているようです。

「エコの日」は京都議定書が発効した2月16日にちなんで毎月16日

そろそろ「サイディングの日」または「外壁の日」を業界全体で制定しても良いのでは。

株式会社メタックス 取締役本部長 稲垣和人

No.125 いやぁ、暑いですね。

「いやぁ、暑いですね。」

今年の夏は、いろいろな方とお会いするたびに、この会話になりました。
また、現場監督の顔を見るたび、職人さんたちにこまめに声をかけ
水・塩飴・休憩を徹底するよう伝え、なんとか乗り切った感があります。

エアコンに頼りすぎるのは、身体にも環境にも良くないように思えて
しかしやはり暑く、ジレンマに陥ったりもした夏でした。

私が幼少のころはこんなに夏はしんどいものだっただろうか。
体力のせいなのか…!? 年齢のせいなのか…!?

本当に気温や湿度が明らかに違うのか調べてみたところ、
今から30年前、1988年8月の平均気温は27.0度、湿度76% 、
今年の8月は平均気温が28.0度、湿度77% との統計データでした。

うーん。
想像していたより差がなく、驚きました。
(10度は違うのでは、ぐらいに思っていました)

さらに調べていく中で、2002年の夏が観測史上1位の猛暑であること、
その年は1,700名以上の方が熱中症で亡くなっていると知り、
今年の夏こそ一番しんどいと思っていたので、忘れる怖さを再認識しました。

その2002年の8月は平均気温29.6度、湿度67% 。

命あっての物種。です。

気温や湿度の数値以上に信頼できるデータ、それはその時々の体感だと思います。
エアコンは甘え、エアコンをつけない=環境によい という単純な図式ではなく、
文明の利器を活用しながら生産性を高め、
活動時間を時短していくこともエコかもしれませんね。

(とはいえ、体力づくりにも励もうと改めて感じる今日この頃です)

株式会社タツミプランニング 代表取締役 米山 茂