No.136 食品ロス

いつごろからか、耳にする言葉です。

先日テレビで見ましたが、賞味期限間近の商品を激安で売るお店、

登録すると飲食店の残り物をもらえるシステム

また各企業色々な取り組みもあるようですが

先日、間食好き系のパパさんからこんな話を聞きました。

小腹がすいて、冷蔵庫を開け

嫁さんに「これ食べていい??」聞いたら

「子供用のだからダメ」と言われ諦めたそうですが

後日また冷蔵庫を開けると、そのダメと言われたものがあったらしく

今度は「これ、賞味期限昨日までだけど、、」というと

「どうぞ!!」の一言。無言で美味しくいただいたそうです。

「エコですね!!」って言っておきました。

パパさん食品ロスを防いでいる。

「食品ロス」調べてみました。

以下引用

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。

日本では、年間2,759万トンの食品廃棄物等が出されています。

このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は643万トン。

これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成29年で年間約380万トン)の1.7倍に相当します。

だそうです。

非常に勿体ないです。

食品ロスを防ぐ、心がけようと思います。

ゴットウォール株式会社 代表取締役 後藤秀昭