No.119 平昌オリンピック

私のスケートとの関係

初めて私がスケートを滑ったのは、5歳でした
当時はまだ下駄スケートと呼ばれていて
冬は田んぼに水を張り
-15℃から-20℃という日本のチベットと言われる様な地で
幼き頃より16歳までスケートをやっていました。

小学生のころ今のオリンピックで使われているスケートリンクは
軽井沢スケートセンターぐらいで、
鏡のような氷面のリンクは憧れでした。
普段の大会などは、湖などが会場で
氷の状態はあまり良くなかったのを思い出します。

小学生のころ、日本のオリンピック代表と言えば鈴木恵一選手
子供心にとても憧れの人でした。
将来は自分もオリンピックに出たいな!なんて思った事もありました

私事はこのぐらいで

今回はスピードスケートで、
平昌オリンピック代表の山中大地選手に注目してみました。
ソチに続き2回目のオリンピックです。
ソチでは1000mの代表に選ばれましたが、
今期は19日500mと23日1000mに出場予定!

なぜ今回ここに注目したかと申しますと
私の郷里よりまたまた!!活躍する選手がオリンピック代表として出たからです。
あまり注目されてはいないのですが、
女子500ⅿ1000ⅿ小平奈緒選手の練習パートナーとして抜擢され、
生活面まで全てに刺激を受けたそうです。

全日本距離別選手権で混戦の男子500ⅿで唯一34秒台を出し
1000ⅿと共に代表に選ばれ入賞すると期待している
ここまで突き進んできた自分を信じて
平昌オリンピックで力を発揮してくれる事祈っております

みなさん今回の山中大地選手応援宜しくお願い致します。

有限会社 ワイズ・エスディ 代表取締役 山中時彦